【九州横断の旅コース5】(阿蘇・雲仙・長崎・有田焼)
コース内容 宿−阿蘇山−水前寺公園−熊本城−フェリー−島原−宿

宿−仁田峠−雲仙ロープウェイ−愛野展望台−長崎市内観光−宿

宿−有田焼−吉野ヶ里公園−大宰府−福岡空港

所要時間 2泊3日
料 金ジャンボ153,300円 小型102,200円 (高速道路・駐車場・フェリー代別)リフト付はお問い合わせ下さい


お問い合わせは こちらからお願いします。

阿蘇山

あそさん

東西19km南北24kmの外輪山の中に並ぶ杵島、烏帽子、中岳、高岳、根子岳の五岳を総称して阿蘇山という。中心は中岳で現在噴煙しているのは7つある火口の中の第一火口である。

水前寺公園

すいぜんじこうえん

東海道五十三次を型どった池泉回遊式庭園で細川忠利から3代かかって完成させた という。 阿蘇の伏流水が湧き出る池の畔に古今伝授の間がある。

熊本城

くまもとじょう

入口は4つあるが、櫨方門から入れば石垣が最も美しい。 1588年肥後の領主となった加藤清正は、7年の歳月をかけてこの城を築き熊本城と 名付けた。

仁田峠

にたとうげ

四季折々の彩りを見せる峠。特に「花ぼうろ」と呼ばれる霧氷は、雲仙の自然が織りなすエンターテイメント。

大浦天主堂

おおうらてんしゅどう

二十六聖人の霊にささげられた天主堂で、西坂の丘に向かって立っている。別名フランス寺ともいわれ、1864(明治元)年に建てられた建物は国宝。

めがね橋

めがねばし

1634年に興福寺の二代目住職・如定が架けた橋。中島川の石橋群のなかでも2連アーチのものはめがね橋だけで、日本最古のものである。

平和祈念像

へいわきねんぞう

祈念像は天を指した指は原爆の脅威を、水平に伸ばした手は平和を、そして閉じたまぶたは冥福を表している。像の正面奥には平和の泉と名付けられた噴水もあり、毎年8月9日には、平和記念式典が開催される。

有田焼

ありたやき

江戸時代の石倉を改造した美術館。館内には17世紀前半に焼かれた初期伊万里、それ以降の古伊万里、色鍋島、柿右衛門などの名品240点が展示されている。

吉野ヶ里公園

よしのがりこうえん

1989年に発見された弥生時代の大規模遺跡。総延長2.5km以上、二重の濠に囲まれた環濠集落は、日本最大規模といわれ、100棟以上の竪穴式住居跡、31棟高床倉庫跡などが出土している。

太宰府天満宮

だざいふてんまんぐう

菅原道真を祀る全国天満宮の総本社。 本殿は1591年、小早川隆景が造営した流れ破風造り、国宝である。

お問い合わせは こちらからお願いします。


院内タクシー有限会社
Tel 0978-42-5011 Fax 0978-42-5012
www.innai.jp