【中津・耶馬渓・日田コース】(福沢諭吉と九州の天領を訪ねて)
コース内容 大分空港−福沢諭吉旧居−青の洞門−羅漢寺−日田豆田町−宿
所要時間7時間 (リフト付タクシーは羅漢寺へは立寄しません)
料 金ジャンボ46,100円 小型30,700円 リフト付52,300円


お問い合わせは こちらからお願いします。

福沢旧居

ふくざわきゅうきょ

民主主義の先覚者、福沢諭吉が3歳から21歳までの青少年期を過ごした家、国指定史跡。隣接の記念館には、「学問のススメ」の原本や、遺墨等貴重な資料が陳列されている。

青の洞門

あおのどうもん

耶馬溪風景の代表と云われる秀峰の裾にくりぬかれた洞門。その経緯は菊池寛の「恩讐の彼方に」で小説家され、余りにも有名である。

羅漢寺

らかんじ

 (リフト付タクシーはこちらへは立寄しません)
険しい岩山の中腹に位置し大化元年(645)印度僧により建立。五百羅漢、多数のしゃもじで有名。家内安全、学業成就の御利益を求め、参拝者が多い。

日田豆田町

ひたまめだまち

幕府の公金を運用した豪商の家が並び、天領日田の面影がよく残っている。 町並みは今も江戸時代のままで、町を歩けば古びた町家や横丁が至る所にあり 草野本家、日本丸岩尾薬局などは一層見事な建物である。

お問い合わせは こちらからお願いします。


院内タクシー有限会社
Tel 0978-42-5011 Fax 0978-42-5012
www.innai.jp